BMC Q&A: How to use almost

こんにちは。今日は、日本人が間違えやすい(と筆者が強く思う)単語ランキング上位にランクインしている“almost”という単語を取り上げたいと思います。

Almostってそもそもどういう意味でしょうか?

 

???「ほとんどの」

 

惜しいですが、その微妙な違いで間違えるかどうかが変わってくるのです。

答えは「ほとんど」です。

 

『の』があるかないかでどうしてここまで変わるのでしょうか?

 

次の英文を訳してみましょう。

*Almost people in Japan eat rice.

(*は文法上間違っている文を表します。)

 

???「ほとんどの日本人はお米を食べます」

 

違います。正確に訳しましょう。

「“ほとんど”日本人はお米を食べます」が直訳です。

 

この微妙な差は品詞の差が理由となっています。(ここでは割愛しますが、詳しく聞きたい方は、受付でRyoに聞いてください。)

脳内で“に”を“勝手に”補ってしまっているんですね

 

ではどのように言えばいいのでしょうか?

1)    Almost all the people in Japan eat rice.

2)    Most people in Japan eat rice.

 

です。和訳は

1)    ほとんどすべての日本人がお米を食べます。

2)    ほとんどの日本人がお米を食べます。

 

となります。mostは「ほとんどの、大部分の」という意味があります。

単語を正確に覚えていないとalmostの誤用が生まれてしまうんですね。

ではalmostを使った時とmostを使った時のニュアンスの違いを一覧で確認してみましょう。


Word

Example

  All
  (100%)
  

  All Japanese people know Mt. Fuji.
  

  Almost all
  (95%)
  

  Almost all adults drink coffee.
  

  Most
  (80%)
  

  Most of the people in Tokyo use the train
  to go to work.
  

  Many / A lot of
  (more than 50%)
  

  Many people in Japan eat sushi.
  

  Some
  (30%)
  

  Some of the people in Japan can eat
  Natto.
  

  A few
  (10%)
  

  A few Japanese people can’t write Kanji.
  

()の中の数値はだいたいのイメージです。

上の表を参照すると

Almostのほうが多いイメージです。

 

また、almostはこのようにも使えます。

 

When I drove a car, I almost hit the car!

車運転していた時に、車ぶつけそうになった!

(ほとんど車をぶつけた=ぶつけてないけどギリギリ→ぶつけそうになった。)

Mostとalmostの違いはいかがだったでしょうか?品詞を認識することも正しく英語を使う手助けになりますね。

 

もっと学びたいと思った方はお問い合わせボタンをクリック!