BMC Q&A: How to respond to “How are you?”

How to respond to “How are you?”

 

こんにちは。今日は“How are you?” って聞かれたら、どう答えるの?という質問をいただいたので、それについて、少しお話させていただこうかなと思います。

 

??「I’m fine, thank you, and you? 」

 

真っ先に思い浮かぶのは、このフレーズなのではないでしょうか?

訳してみると、、、

「調子はどうだい?(How are you?)」

「好調さ、ありがとう。君は?(I’m fine, thank you, and you?)」

 

一見すると悪くない返答に見えます。もちろんこれでいい時もあります。しかし、考えてみてください。皆さん、いついかなる時も好調なのでしょうか。

そんなことはありません。嬉しい時もあれば、悲しい時もある。ワクワクしているときもあれば、落ち込んでいるときもある。忙しくて大変な時だってあるはずです。そんな中、「好調さ!」って言わなきゃいけないのでしょうか?

 

違います!!

 

その返答だけでは、まるでロボットのようです。調子を聞かれているのだから、「疲れているんだよね」と答えてもいいのです。

そのうえで、“どうして”そういう風に感じるのかを伝えてみましょう。例えば、

Teacher L “How are you?”(調子はどうだい)

Teacher R “I am tired because this morning I had an exam, so I studied all night without sleeping. How about you?”

(疲れてるよ。だって、今朝テストがあったから一晩中寝ずに勉強してたんだもの。君は?)

 

社交辞令として「I’m fine」をいうことも大事な時はありますが、自分の正直な調子を伝えることも会話をする上では大事です。でも、日常会話では気を使わない本音で話せるといいですね。

 

ナチュラルな日常会話をもっと学びたい方はお問い合わせまで。